アドセンスの審査に必要なブログの記事数・内容・文字数についての考察

目安時間:約 7分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

eha0161-066

アドセンスを自分のブログ(サイト)に掲載するにはグーグルの審査を受けて合格しなければなりませんが、この審査が昔に比べて厳しなったという話を聞く事があります。

今回私は法人でアドセンスアカウントを取得したいと思い、その厳しいと言われる審査に申請したわけですが、何の問題も無く1発で合格しました。

その時、審査に提出したブログの「記事数」「内容」「1記事あたりの文字数」について、噂でよく聞いたり見た事のある内容とは違う状況で合格しましたので、これからアドセンスの審査を受ける方の参考になれば幸いです。

最低限のルール、アドセンスポリシーを確認しよう

アドセンスの審査に通過するためには、噂の範疇である話以前に、グーグルが定めているアドセンスのルールに沿ったブログである必要があります。

コンテンツ(記事内容)に関して言えば、以下のような内容では審査に通りません。

  • アダルト
  • 著作権侵害
  • 煙草、酒、薬物
  • 暴力
  • 誹謗中傷

これに関してはアドセンスのヘルプに詳細が記載されています。
AdSenseコンテンツポリシー

非常に大雑把ではありますが、老若男女誰が見ても不快感や不利益を受けないコンテンツ、子供と一緒に家族で安心して見る事のできるコンテンツであれば良いとGoogleは言っています。

また、アドセンスの掲載方法についてもルールがあり、1ページ辺りに貼る事のできる数や掲載場所のルールに沿わない場合も審査を通過する事は出来ないでしょう。

この辺りについては、Googleが公式な情報や資料を公開していますのでネット上の情報よりもそれらを確認するのが間違いありません。このブログで以前にGoogleの公式コンテンツをまとめた記事をアップしていますので参考にして下さい。

Google AdSenseを始める前に必ず確認しておくべき資料と関連サイト
http://yac.asia/?p=46

アドセンス審査基準の噂に迫る

AdSenseの公式なルールに沿ったコンテンツでブログを作ったとして、それでも審査に通らない場合もあります。では、それは何故なのか?これについては明確な答えも無く、審査に落ちた場合にも理由までは教えてもらえません。

そこで様々な噂が飛ぶようになり、アドセンスに興味を持った人であれば1度はその噂を聞いた事がると思います。たとえば、審査に通過するために必要な最低記事数は?など。また、昔は本当に単なる日記を書いたブログで審査に通ったが、最近は厳しくなっている、など。

このあたりの噂で問題とされるのは、ブログの「記事数」「内容」「1記事あたりの文字数」この3点。

これについて、つい先日私が新規で取得したアドセンスアカウントの申請時に、どんなブログで合格したのかについて、巷の噂と比較してみたいと思います。

記事数

噂では最低でも10記事が必要、できれば20記事あった方が良いなど、色んな話を聞きますが、私はあまり難しい事を考えずちょうど10記事の時点で審査を受けました。

周りの人間に聞いても、10記事で審査に合格したという者が複数おりますので、これについては少なくとも10記事あれば大丈夫、というのは間違いありません。また、そこから考えると、10記事で不合格になるなら20記事書いても同じという事になろうかと思いますので、多い方が良いというのは間違っているのではないかと。

記事内容

これも人によって言う事が違い、普通の日記を書けば大丈夫という人もいれば、昔は日記でも良かったが今は審査に落ちるという人もいます。

これについては、今回私は日記のブログで審査に出していませんので何とも言い難いところではありますが、恐らく日記でも通るのではないか?というのが私の考えです。ただ、「どんな日記であるか」というのは問題になると思っており、これについて私が実際に書いた記事から考えてみます。

私の場合、審査に使用したのは趣味の「釣りブログ」でした。10記事ちょうどアップした時点で申請を出したわけですが、その10記事も、「情報」などという物は含まれず、
釣りに行った時の写真と感想、自分が中古ボートを買った時の話や中古ボートを選ぶ時の注意点など、本当に日記のような記事ばかりでした。

そういう意味では、少なくとも「趣味」に関して触れた記事であれば、同じ趣味を持つ人が見た時に参考になるわけで、つまりそれは広告を表示するに相応しい媒体という判断になると思いますので、日記だから大丈夫とかダメという事ではなく、「どういう日記なのか」というのが大事なのではないでしょうか。

ですから私の勝手な意見としては「趣味に関する日記が理にかなっている」と思っています。

そう考えると、審査に落ちるブログというのは、本当に意味の無い、単なる個人の日記であったり、あまりにも文字数が少なかったりというのが理由ではないでしょうか。

1記事辺りの文字数

審査に使うブログの「1記事辺りの文字数」も常に噂が絶えない話題ですが、実は私は、この点についても、あまり難しく考えずに審査を受けました。というのも、世の中の噂からあえて外れた事をやってみて、落ちても合格しても、噂の検証とブログのネタになると思ったからです。

では、審査提出時に私のブログで各記事の文字数がどうだったのかを確認したところ、写真やYoutube動画が貼ってあって文字は200文字だけの記事から、写真は無く文字だけ500文字程度の記事までバラバラでした。

一番文字数が少なかった記事が、6行で113文字、しかも3行はスマホアプリの紹介で外部リンクという物でしたがこれで審査には合格しています。

ここから、「文字数は審査には影響しない」という事がわかります。文字数ではなく、あくまでも内容が重要だという事ですね。

文字以外のコンテンツを載せない方が良い?

もう1つ番外編として、審査時には記事内に「テキスト以外のコンテンツを掲載しない方が良い」という噂がありますが、これも私の経験から単なる噂である事が分かっています。

下手に写真や動画を掲載すると著作権の関係で審査の人が迷う可能性があるため、申請ブログの記事は文字だけにした方が良い、というような噂を聞くわけですが、私が審査に使ったブログは「ほぼ全ての記事に写真やYoutube動画を掲載」してありました。

このような結果から、様々な憶測が飛ぶ「アドセンス申請ブログの書き方」ですが、その多くは「単なる噂である」という事がわかりました。

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Yahoo、Gmail、Hotmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ